ipsコスメティックスの成分紹介|発酵乳ケフィア

ipsコスメティックスの中には、美容や健康に配慮した成分が
たくさん配合されています。アイ・ピー・エスcosmetics

腸内環境

その中には発酵乳ケフィアを配合した
製品もあり、腸内環境を整え美肌に
作用するものとして人気を集めています。okesyouhinlovelove.org

この成分は、世界的にも有名な長寿の
村があることで知られるコーカサス地方で
生まれた伝統的な発酵乳です。aipiesukosumettikusu

日本味噌や漬物、ヨーグルトといった
発酵食品はありますが、
一般的なヨーグルトが乳酸菌1~2種類の発酵なのに対して、
ケフィアは多種類の乳酸菌の他に酵母菌と呼ばれる微生物が
共生しており、一緒に発酵しているのが大きな特徴です。

発酵乳ケフィアは腸内環境を整えて健やかに保つために
必要な善玉菌の栄養となって、善玉菌を増殖させる
効果があります。

善玉菌

そしてこれにより、肌荒れの改善や美容効果、便秘解消や
ダイエット効果につながるのです。

こうした効果が得られる発酵乳ケフィアがたくさん含まれている
ipsコスメティックスの製品は、健康にも美容にも
効果的なのです。

腸内環境はなぜ健康のために大切とされているのか

腸は、24時間絶え間なく働いていて体の状態を一定に維持するための
生態恒常性という役割を持っています。

生きていると外部から様々な影響を受けて体調を崩したり、病気になる
ことがありますが、それらを防ぐために免疫力を高める働きをしてます。

腸というのは口から食べた食物を消化するだけでなく、体全体の免疫機能を
維持するための大事な役割を持つことから、第二の脳と呼ばれています。

食べ物の中には、体を健康に維持したり成長させるための様々な
栄養素が含まれていますが、その一方で有害なものが含まれて
いることも捨てきれません。

その場合、腸は全てのものを吸収するのではなく、有害だとみなしたものに
関しては排除をする機能があり、その機能を持っているのが免疫細胞です。

つまり腸の中に免疫細胞が沢山含まれていますから、それらを維持して
正しく機能させることが、体全体の健康を維持して免疫力を高めること
に繋がります。

排除されたものは毒素や不要な老廃物と判断され、便として排泄される
仕組みになっています。

そのため腸内環境を維持するということは、体が外からの影響を受けて
ダメージを受けることを防いだり、健康を維持するための重要な役割を
持っていると考えられます。

乳酸菌が含まれている食品と乳酸菌の歴史

1週間くらいお通じが無いのが日常茶飯事で便が硬くてスムーズに排便することが出来ない、便秘と腹部膨満感で常にお腹にガスが溜まっていてオナラの臭いもきつくなったような気がする、整腸薬や便秘薬を飲んでもあまり効果を実感することが出来ないなど、頑固な便秘の症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

便秘の症状がある場合は、消化管における腸内フローラが乱れている証拠です。腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると腸内フローラの乱れが生じ、腸の蠕動運動が不活発な状態に陥り便秘になってしまうというメカニズムです。
便秘になるとお腹にガスが溜まって苦しくなったり不快な腹痛に見舞われたりするだけではなく、口臭や体臭もきつくなります。免疫力が低下してウイルスや菌に弱い体になり感染症にかかりやすくなってしまいますし、代謝も低下して全身のめぐりが悪くなり太りやすく痩せにくい体質になってしまうという問題もつきまといます。

ニキビや吹き出物も出来やすくなり、健康面と美容面の両方に悪影響が及びます。腸は第二の脳と呼ばれている臓器で、腸が不健康だと体のあちこちに不調があらわれますので、健やかで美しい体を維持したいなら腸から変えていくべきです。
健やかな腸内環境をつくるために必要不可欠なものといえば、乳酸菌です。

乳酸菌は善玉菌を増やし悪玉菌を減らすという作用を持っており、積極的に摂取することで腸内フローラが整って便秘が解消されます。ヨーグルトやチーズやキムチや納豆や味噌や醤油やぬか漬けなどの発酵食品に乳酸菌は含まれていますので、意識的に食事メニューに取り入れましょう。

発酵食品に含まれる乳酸菌は味に深みをもたらすだけではなく、食中毒などの原因になる微生物の繁殖を抑制するという働きも担っています。
乳酸菌の研究の歴史は意外と浅く、健康や美容に良い成分であるということが認められたのは20世紀初頭です。

そこから一気に研究開発が進み、今では乳酸菌の様々な健康効果が認められています。乳酸菌と食物繊維を一緒に摂取すると、善玉菌を効率良く増やすことが出来ます。食物繊維が善玉菌のエサとなるからです。

乳酸菌は生きた状態で腸まで届けることが重要なポイントとなりますので、胃酸の刺激を受けにくい食後に摂取すべきです。
食物繊維は消化されずに腸まで到達し、腸内で水分を吸収して便のカサ増しをするという働きもあります。
乳酸菌と食物繊維の摂取で腸内環境が改善されれば、便秘は確実に解消されます。